関数標本

セール価格¥1,890
スタイル: No.1 正葉曲線:カーマインレッド

関数は、ある数値を与えると、それに応じて特定の数値を吐き出す機械のようなもので、一般的に数式とグラフで表されます。数式の中の定数を徐々に変化させるとグラフの形も少しずつ変わります。その形をひとつ一つ小さな紙から切り抜いて、関数の標本を作りました。


※ 受注生産品となります。ご注文確認後、製品の製作に入ります。
※ ご注文から発送までに2~3週間程度お時間を頂戴します。
※ご注文確定後のキャンセル、変更・返品・交換等は承ることができません。
※受注生産品と他製品を同時にご注文された場合、受注生産品と同梱いたします。

商品のお届けまでお時間を頂戴いたしますが、一つ一つ丁寧に仕上げますので、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

関数標本
関数標本 セール価格¥1,890
関数標本
関数標本 セール価格¥1,890
本体サイズ

W94×H94×D9 mm

パッケージサイズ

W97×H97×D11mm

内容

カード16枚

対象年齢

12歳〜

プレイ人数

1人

所要時間

10~20分程度

制作年

2013

ノート

楽しみ方
1. 箱からピースを取り出しばらばらにします
2. 順番になるよう重ねていきます
3. 完成したら箱に入れて飾って下さい

a

COMMENT

平野敬子

子供の頃、標本が好きだった。鉱物の標本、貝殻、昆虫の標本など、四角い小さな箱に多様な個性が詰め込まれ、自然の造形物が整列した標本の神秘の世界に魅せられて、買い与えられることのみならず標本造りに没頭していた。デザインコレクションコーナーの平台で出会った山中俊治さんの「関数標本」を手に取り、標本が好きだったという大切なことを思い出した。

山中俊治さんの「関数標本」は様々な気づきを与えてくれる。物理の秩序の視覚化によって「法則は美しい」ということに気づき、標本の精緻な仕上がりによって「技術は美しい」ということが感じられる。優れたデザイナーはパートナーとなる技術者たちのモチベーションを高めることができるが、この標本の難易度の高さを考えると、製作者たちとの信頼関係がうかがい知れる。わずか10センチ角足らずの小さな存在から、様々なイマジネーションが湧き上がってくる。「関数標本」の存在は偉大だ。

デザインは機能が前提であると考えている。そして機能以前に目的があり、目的意識をもってデザインは開発される。「カレンダー」は日や曜日を認知するために、「鍋」は調理道具としてデザインされる。では「関数標本」の機能や目的、存在意義はなにかと考えると、数式の法則を視覚的に量的に認識できることで、数式を見てイメージできない人たちにも数式の美しさが感じられ、物理学や数学への理解や関心が進むだろう。感じるという機能があり、感性に訴えかけるという目的がある。

イマジネーションの欠如が、社会を貧しくし、弱体化させる。情緒教育のために「関数標本」があれば良いと思う。

OTHER PRODUCTS